車査定は天候により金額が変わるのか

車査定 天候

天候により車査定が変わるという説がありますが、実際はあまり影響しないと考えていいでしょう。

車査定 天候

雨天ならキズが目立ちにくいと考えるかもしれませんが、査定士は確認が難しい部位にはキズがある可能性を考慮します。
そのため、むしろ晴天時よりも査定が下がってしまう可能性もあります。
査定士のチェック方法により異なってくるでしょうから、天候が査定額に影響すると考えるのはあまり意味がありません。

これは洗車の場合も同様であり、洗車をして綺麗にすると査定額をアップしてくれる査定士もいれば、評価額は変わらないという査定士もいます。
最終的に査定士の裁量によって金額が決まるので、天候がまったく無関係とは言い切れませんが、あまり影響しないというのが本当のところです。
夕方以降なら暗くなるので、車査定を受ける上で有利になると考える方もいますが、これもほとんど意味のないことです。
何よりも車買取業者は明るい時間帯に査定を組んでくるでしょう。
一般の方が考える小手先のテクは、プロにはまったく通用しないと考えてよいです。

ただ一つ確実に言えるのは、売却をする気があるなら今すぐに車査定を受けたほうがいいことです。
タイミングを遅らせることで査定額が下がることは多々ありますが、逆に上がることはまずありません。

車売却なら!!一括査定会社紹介

ズバット車買取
ズバット車査定

http://www.zba.jp/

車売却 ズバット車査定
かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド

http://a-satei.com/

車売却 かんたん車査定ガイド
カーセンサー
車売却 カーセンサー

http://kaitori.carsensor.net/

車売却 カーセンサー

車の売却時に書く必要書類について

車の売却をしたいと思っている人がなかなか動くことができない一つの理由として面倒な書類の手続きが挙げられます。車の売却時に必要となる書類にはどんな書類があるのでしょうか。普通自動車の場合必要書類は、自動車検査証、発行後1ヶ月以内のものが2通必要な印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、現金でなく、口座振り込みの場合、振り込み口座、リサイクル券です。

車売却 必要書類

これだけ見ると多くて面倒だと感じるかもしれませんが、どれもがダッシュボードなどの中に入れてある運転に必要な書類ばかりで、自分が行動しなくてはならないのは、実印の準備とその登録がされている役場などに印鑑登録証明書を取りに行くくらいです。実印が必要になるのは、販売店に書類上の手続きなどを委任する場合に委任状が必要になるためです。

全てを自分で行うこともできますが、販売店に任せておいた方がスムーズです。

見積もりをしてもらい、売る販売店を決めたら必要書類を確認した上で、いつ頃売却するのか相談しておきます。自分で運転して売りに行く場合は帰りの準備などを考えておく費用があります。また、査定はその場ですぐに行ってくれるので、予約が不要なこともあり、非常に簡単にできます。

▲ページトップに戻る