傷やヘコミのある車を売ると査定でどのくらい減額されるのか?

車売却 傷 ヘコミ

車売却で傷やヘコミのある車を売ると査定でどのくらい減額されるのか?

車売却の際には、機関関係及びエクステリアとインテリアの状態が査定されます。エクステリアに関して、傷やヘコミがあると、減額の対象になりますが、極端に査定額が下がるほどではないので、あまり心配しなくても大丈夫です。

もちろん、傷もヘコミもないのにこしたことはありませんが、かりに車売却する前に、傷やヘコミを修理工場で直してもらったとします。

その際にかかって費用ほどに減額されることはありません。

つまり、少しでも査定額をアップさせるために傷やヘコミを修理するよりも、しないで現状のまま車売却したほうがお得だと言うことです。

これはもし、傷やヘコミを買取店の方で修理する場合、自社工場や提携工場などで安く修理することが可能だからです。

また、年数が経てば、多少の傷やヘコミは生じるものだという考えから、傷やヘコミを修理せず、そのまま中古車として販売することも多いです。

以上のことから、傷やヘコミがあると多少減額されますが、修理代ほどではないと覚えておくと良いでしょう。

車売却なら!!一括査定会社紹介

ズバット車買取
ズバット車査定

車売却 ズバット車査定
かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド

車売却 かんたん車査定ガイド
カーセンサー
車売却 カーセンサー

車売却 カーセンサー

中古車売却でキズやヘコミは直した方が良いのか悪いのか?

キズやヘコミがあれば当然中古車売却をする時にはマイナス査定となってしまうので、このようなものは直す方が良いのかと考えてしまうものですが、これは基本的にそのままにしておいた方が結果的に有利となります。

修理をすれば当然中古車売却をする際に査定で有利になりますが、修理にかかった費用以上に査定が上がるのかというとそのようなことはほとんどありえません。

そのため、直した方が良いのか悪いのかというのは直すことによってそれにかかった費用以上に、査定額のアップを期待することができる状況に限られることになるのです。

つまり、個人でも簡単に直すことができるような軽微のものであれば直しておいた方が、査定で有利になる可能性が高まりますが、お金をかけて修理をするのであればそれにかかった費用以上の査定アップというのはほとんど期待することができないので、そのままにしておいた方が結果的には査定に有利になるため、直さないほうが良いということになります。

▲ページトップに戻る