車査定をする前に知っておきたい買取りと下取りの違いについて

買取りと下取り

車売却をする前に知っておきたい買取りと下取りの違いについて
車売却をする前に知っておきたいのは、買取りと下取りは違うということです。

何が違い、どちらが良いのか、理解しておくことが大切です。まず下取りというのは、クルマを買い替えるとき、新車を購入するディーラーに中古車を買い取ってもらうことを言います。

ディーラーのスタッフが手続きをすべて行ってくれるので手間がかからないということや、新車の納車に合わせて下取りしてもらえるというメリットがあります。

それに対して、買取というのは買取専門店や中古車販売店などに中古車を買い取ってもらうことを言います。

こちらのメリットは、車売却で手にできるお金が、ディーラーで売却するよりも高くなるのが一般的だということです。

たとえば、ディーラーでの査定額を提示すれば、買取店ではすぐにそれ以上の価格を提示してくれることでしょう。

さらに買取店は近くに複数ありますから、それらを競合させて、一番高値を付けてくれた買取店に売るということもできます。

これにより、ディーラーでの買取価格よりも20万円以上も高くなることもあるようです。

車売却なら!!一括査定会社紹介

ズバット車買取
ズバット車査定

車売却 ズバット車査定
かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド

車売却 かんたん車査定ガイド
カーセンサー
車売却 カーセンサー

車売却 カーセンサー

自動車下取りするなら事前に必要書類のチェックを

自分が所有する車を車買取店やディーラー、自動車販売店などの業者で車下取りする場合、売却したい車を持って行くだけでは引き取ってもらうことはできません。

車下取りしてもらうと同時に、名義変更を行ってわなければ、手放した後も自動車税などの請求が来ます。

それを放置しておけば、督促状が来て、やがては財産差し押さえにもなりかねません。

また、名義変更すれば、それ以前に支払った、その年度の自動車税が月割で戻ってきます。

その際、最低限の必要書類は自動車検査証、発行後1か月以内の印鑑登録証明書2通、自賠責保険証明書、その年度の自動車納税証明書、それにリサイクル券です。

また名義変更を業者に委任する際に押印する実印が必要です。

ただし、売却したい車が軽自動車の場合には、印鑑登録証明書と実印は必要なく、代わりに三文判などの認印が必要になります。

もしもこれらの必要書類を紛失した場合、自賠責保険証は損保会社で、車検証は陸運局で、自動車税納税証明書は各都道府県税事務所で再発行してもらえます。

印鑑登録証明書は住民票のある区役所や出張所などで購入します。

▲ページトップに戻る